確定申告に必要な手続きと書類

準備する書類から記入と提出まで!確定申告に必要な手続きと書類をすべて解説!

初めてでも安心!確定申告に必要な手続きと書類を完全解説!

ここでは、まず確定申告しなければいけない人、また確定申告をすれば税金が還付される可能性がある人について解説します。 そして確定申告において所得額を確定するために必要な、一年間の収入額の書類と、そこから差し引いて所得を割り出すための控除額の書類についても説明します。

最初の一歩!確定申告が必要な人とまず用意する書類

毎年、2月中盤から3月中盤までは確定申告の時期になります。
この時期のニュースでも、有名人が確定申告に一番乗りしたといった話題が出ます。

もっとも確定申告が必要になるのは、芸能人をはじめとした個人事業主、自営業者が主で、一般のいわゆる会社勤めのサラリーマン、給与所得者は、毎月の給与からの源泉徴収や年末調整があるため関係ないと思っている人も多いでしょう。
しかし世の中には会社を辞めて独立したり、自営業に転職したなどで、今年から突然、確定申告しなくてはならなくなったという人もいるでしょう。

またサラリーマンでも給与収入が多い、副収入があるなどの場合は確定申告をしなければならなくなります。
一方で、アルバイト収入から源泉徴収されている人、会社を退職して年末調整をしていない人、ある程度の医療費がかかった人や災害などで財産に損害を受けた人など、場合によっては確定申告をすることで、払いすぎた所得税が還付されることもあります。

ここでは、確定申告が必要な人、また確定申告すれば税金が戻ってくるかもしれない人のために確定申告の初歩から説明していきます。
確定申告をするにあたって必要な書類や計算、実際の確定申告書の記入と提出方法、その後の手続きまですべて解説します。

このサイトを見れば、はじめて確定申告をすることになり、右も左もわからない人でも、手順を理解してスムーズに進めることができます。
制度を理解して正しく納税した上で、還付される金額についてはきちんと受け取りましょう。

おすすめリンク

相続税の対策を教えます!

相続税について考える時はどこを頼ればよいのでしょうか。具体的に必要となる対策について解説します。

すべて解説!確定申告書の種類とその他に必要な付表や計算書

ここでは、実際に必要事項を書き込んでゆき、税務署に提出する確定申告書の種類と、申告の種類によってどちらを選ぶかについて解説します。 また申告書と一緒に源泉徴収所などを添付するための必要な、添付書類台紙、その他に必要な計算書や付表の種類も説明していきます。

実際に確定申告書を作成する手順と提出後の手続きについて

ここでは、準備した書類や計算書に基づいて、実際に確定申告書を書き込んでいく手順と、税務署に提出する期間と方法などについて説明します。 また確定申告書を提出して納税額を確定したあとの、納税の手順や、還付金がある場合の受け取り方法についても解説します。

上へ