準備する書類から記入と提出まで!確定申告に必要な手続きと書類をすべて解説!

すべて解説!確定申告書の種類とその他に必要な付表や計算書

どちらを選べばいい?確定申告書の種類

収入と控除の書類が揃ったら、次は確定申告書を用意します。
確定申告書には、AとBの二種類があります。

確定申告書Aは、所得の内容が給与所得や公的年金、配当所得、一時所得、雑所得だけで、予定納税をしない人が使います。
例えば会社員が医療費や住宅ローンなどで控除を受けるときなど、基本的に会社員、アルバイト・パートで収入を得た人が使う申告書になります。

確定申告書Bは、所得の種類に関係なく、確定申告が必要な人なら誰もが使うことができます。
基本的には個人事業主が使う申告書になります。

二つの違いは、申告書Bのほうがカバーする項目が多くて個人事業主向けで、Aのほうは項目が少なく記入が簡単になります。
どちらも役所で手に入るほか、パソコンでPDFをダウンロードもできます。
また源泉徴収票などを貼り付けて提出するための添付書類台紙も必要になります。

確定申告に必要となる付表と計算

確定申告に必要な付表と計算書は、確定申告の種類によって違ってきます。
主なものは、所得の内訳、財産や債務の明細、医療費の明細、必要経費の明細、居住形態などの確認書といった書類です。
また申告する人の条件によっては、各種の特例適用を受ける場合の計算書や、住宅借入金、政党等寄附金、住宅耐震改修などの特別控除額に関する計算明細書。
証券投資などの配当控除額の計算書なども必要になります。

詳しくは国税局のホームページや管轄の税務署などで確認してください。
最近ではパソコンに必要事項を入力すれば自動計算してくれる確定申告ソフトもあります。
それでも計算が難しい、また不明な点がある場合は、税務署に出向いて問い合わせる、税理士に頼むといった方法もあります。


この記事をシェアする
TOPへ